何てメール(Line)すればいいかわからない時の対処法

MENU

何てメール(Line)すればいいかわからない場合

 

 

 

好きな女性、意中の女の人とメール、あるいはLineしたい時、

 

 

何てメールすればいいかわからない

 

 

 

と思われる方がいるかもしれません。

 

 

今回はその対処法について書きたいと思います。

 

 

そのメールは不自然極まりないということ

 

 

 

なんてメールすればいいか、わからないということは、
言い換えれば、

 

メールする必要がないのに、メールしようとしているという状況にある
ということが言えます。

 

 

 

例えば、何か頼まれていたこととか、
遊びに行く約束をしていて、日程を決めないといけない、という場合にメールするのは、
その必要があるから、自然にメールを打てるわけです。

 

 

 

そういう場合は、メールの内容にも困りません。

 

 

 

だからこそ、メールの内容に困るということは、
メールを打つ必要がないのにも関わらず、メールを送ろうとしているからであって、
そういうメールは大体不自然なメールになってしまうのです。

 

 

こういう時に打つメールって、
天気の話とか、今日どうだった?とか
今何してるの?とかそんな感じになると思います。

 

 

はたまた、相手の趣味に合わせて頑張って話題探してきました!みたいな
感じにもなったりしますね。

 

 

あるいは、メールの履歴から、受けがよかった内容を探して、
またその内容でメール送ったりもするかもしれません。

 

 

 

 

 

 

コレ実は、全部不自然極まりないメールです。

 

 

 

 

 

なぜなら、ぶっちゃけメールする必要性がないから。

 

 

 

例えば、今何してるの?というメールを送ったとして、
「今テレビ見てる。何で(そんなメール打ってくるの)?」

 

 

 

ときた場合、大抵
「いや、なんとなく」ってお茶を濁すような返信しかできなくなるんです。

 

 

 

「君とメールしたくて!」とは言えないんですね。
言えたとしても少し気味悪がられるかもしれませんが。

 

 

 

でも、結局目的はあなたとメールをしたい!ということなわけですから、
ここを濁しながらメールをだらだら続けても、相手は気持ち悪いだけなんです。

 

 

 

ちなみにここでいう気持ち悪いというのは、
言葉ニュアンスですが、気色悪いとは少し違う感じの、

 

 

「お前結局何が言いたいねん?」という気持ち悪さです。

 

 

 

トークのヘタクソな芸人が喋っている時に、
感じる気持ち悪さのようなものです。

 

 

 

こうなるくらいなら、
「君と仲良くなりたいねん!騙されたと思って少し時間割いてくれ!」

 

って言えたほうがまだマシです。

 

 

 

 

ですから、何てメールすればいいかわからない時というのは、
内容というかメール自体をするのが難しいのです。

 

 

 

何てメール(Line)すればいいかわからない場合の対処法

 

 

 

さて、では本題に入りましょう。
何てメールすればいいかわからない時の対処法。

 

 

 

 

それは、メールを送らないこと

 

 

 

これが最善の対処法になります。

 

 

 

どうせ冷静になれない状況で、
メールしても無駄な失敗をするだけですから。

 

 

 

よく、行動を起こさないと結果は得られないとか言いますが、
行動起こせば必ず見返りがあるとは思わないことほうがいいです。

 

 

 

 

それでもメールがしたい場合の話題の作り方

管理人がおすすめしているメールノウハウランキング

メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法 【著者】浅井 真/横山 建


【おすすめ度】

管理人がメール術として一番オススメしているノウハウです。

【おすすめできるポイント】
相手の感情を理解することができる
相手の感情に合わせたアクションを学ぶことができる
メールのやり取りによって好感度を確実に積み上げていくことができる。
・だからこそ会話のアプローチもかけやすくなります。
・だからこそデートにも誘いやすくなります。

これが、このノウハウを一番おすすめしている理由です。

レビューの続きはこちら<<<


ジャンキーメール



【おすすめ度】
メール術をとことん極めたいという方におすすめできます

【おすすめできる理由】
このメールノウハウの大きな特徴はメール術にのみすごく特化されている点です。
貪欲にテクニックを追っていきたい方におすすめできるノウハウになっているかな、と思います。

レビューの続きはこちら<<<





スポンサードリンク