悩みに同調しすぎない

MENU

女性の悩みに同調しすぎない

 

 

 

悩みというのは、基本的にその人のコンプレックスに起因するものなので、
あまり同調しすぎなくてもいいと思います。

 

 

 

 

なぜなら、同調すればするほど話題が暗くなるからです。

 

 

 

 

それに中には、他人がどうこうできるような悩みじゃないことも多いので、
こう言うと冷めてると思われるかもしれませんが、

 

 

 

 

1歩引いた感じで、相手の悩みに付き合ってあげるといいのではないかと思います。

 

 

 

 

これは会話でもメールでも同じだと思います。

 

 

 

※この記事は相手の悩み自体はしっかり聞いてあげることが前提で書いています

 

 

 

悩みを聞いた後にかける言葉

 

 

 

同調しすぎると、自分に置き換えて考えてしまったりするので、
何気なくこういう言葉をかけたりしがちにもなります。

 

 

 

「こうして見たらいいんじゃない?」

 

 

「俺ならこうするけどなー」

 

 

 

みたいな感じの言葉をかけちゃったりします。

 

 

 

相手が本気で悩んでいるほど、あなたに何がわかるの!?という感じに逆なでしちゃうので、

 

 

 

そういう同調しすぎるスタンスというよりは、

 

 

 

「まぁまぁ、簡単に解決できる悩みばっかりじゃないからなー!」

 

 

 

 

みたいなスタンスでいいと思います。

 

 

 

 

「ほんとあなたは能天気でいいよねー」

 

 

 

 

という言葉が帰ってくれば、個人的に完璧かな、と思います。

 

 

 

 

「そこが俺の魅力みたいなところあるからさ!」

 

 

 

 

という感じに、明るい感じに持っていくことができるからです。

 

 

 

 

能天気キャラの注意点

 

 

 

能天気を装うが故に、気をつけなければならないこともあります。

 

 

 

それが、言葉を選ぶ、ということです。

 

 

 

 

「そんな悩みどうでもいいんじゃない」というようなどうでもいいを連想させる言葉を選ぶと

 

 

 

 

ゲームオーバーです。

 

 

 

能天気キャラのベストなスタンスとしては、こんな感じになります。

 

 

 

あなたはとても繊細な悩みを持っている。
あなたのような人だからこそ、そういうことに悩める感性を持っていて、とても羨ましい。
私のような者には、簡単に解決策を言うことこそ、あなたにとっての失礼にあたるので、
明るい話をしませんか!

 

 

 

というスタンスがいいのではないかと思います。

 

 

 

言葉にするのではなくて、こういうスタンスを持ちながら言葉を選ぶと、
相手が悩んでいる時にかける言葉も変わってくると思います。

 

 

 

管理人がおすすめしているメールノウハウランキング

メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法 【著者】浅井 真/横山 建


【おすすめ度】

管理人がメール術として一番オススメしているノウハウです。

【おすすめできるポイント】
相手の感情を理解することができる
相手の感情に合わせたアクションを学ぶことができる
メールのやり取りによって好感度を確実に積み上げていくことができる。
・だからこそ会話のアプローチもかけやすくなります。
・だからこそデートにも誘いやすくなります。

これが、このノウハウを一番おすすめしている理由です。

レビューの続きはこちら<<<


ジャンキーメール



【おすすめ度】
メール術をとことん極めたいという方におすすめできます

【おすすめできる理由】
このメールノウハウの大きな特徴はメール術にのみすごく特化されている点です。
貪欲にテクニックを追っていきたい方におすすめできるノウハウになっているかな、と思います。

レビューの続きはこちら<<<





スポンサードリンク