テクニックを追いかけすぎない

MENU

テクニックを追いかけすぎない

 

 

 

 

テクニックを追いかけすぎない

 

 

恋愛のテクニックを磨くこと自体は
自分の魅力に箔をつけるという点で見ても別に悪いことではない、と私は思います。

 

 

 

ただ、恋愛のテクニックばかりを磨いて
自分が磨くべきものを疎かにすると、これはあまりよくないことだと思うんですね。

 

 

 

それはなぜかというと、

 

 

自分が磨くべきものを疎かにしてしまうということは、
表面的なテクニックだけを追い求めて
自分を変えようとは思っていないということです。

 

 

今の自分がうまくいかないのに、その自分を変えようとしないで
表面的なテクニックで上手くいこうとする。

 

 

 

もし、自分を好いてくれる女性がいたとして、
こういう下心が見え隠れしてたらどう思います?

 

 

 

理由はないけど、なんか嫌ですよね

 

 

 

せこい一面が見えると、その人に共感できなくなる

 

 

 

こういう人が一番姑息だと私は思います。
というかそう思わざるを得ないんですね。

 

 

なぜ、姑息だと思われるのがいけないかというと、

 

 

せこい人に共感なんてしたくないからです。

 

 

そして、こういう一面が見えてしまうからこそ上手くいかない理由であるとも思います。

 

 

ですのでまずは、

 

 

今現在はモテることができていない」

 

 

という現実を受け入れるところから始めて欲しいわけです。

 

 

 

そしてそれはなにも卑屈になれとか、
自分を責めろと言ってるわけではないんですね。

 

 

 

ただ単に、自分に悪いところがあれば、直すし
成長するためなら必要に応じて自分を変えていけますよ。

 

 

 

という風に思ってくれれば全然いいわけです。

 

 

 

磨けるものはなんでも磨け

 

 

 

磨けるものはなんでも磨いていけばいいんです。

 

 

ファッションを磨いて雰囲気をだしてもいいし、
トークスキルをあげてもいいし、
メールスキルをあげてもいいんです。

 

 

その他にも

 

 

本当の意味で相手に優しくできるというものでも
相手を楽しませる会話を磨くというのでも、
上限があろうが、磨けるだけ外見を磨くというのでも

 

 

 

なんでもいいんです。

 

 

 

これから変わってモテていけばいい、という
たったこれだけのことなのですから。

 

 

 

そして、ここで卑屈になってしまうのが
最悪ということになります。

 

 

「どうせ俺なんてモテないんだ」

 

 

と考えてしまうことですね。

 

 

その理由は、モテないコンプレックスのマインドの記事で書いていきます。

 

 

管理人がおすすめしているメールノウハウランキング

メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法 【著者】浅井 真/横山 建


【おすすめ度】

管理人がメール術として一番オススメしているノウハウです。

【おすすめできるポイント】
相手の感情を理解することができる
相手の感情に合わせたアクションを学ぶことができる
メールのやり取りによって好感度を確実に積み上げていくことができる。
・だからこそ会話のアプローチもかけやすくなります。
・だからこそデートにも誘いやすくなります。

これが、このノウハウを一番おすすめしている理由です。

レビューの続きはこちら<<<


ジャンキーメール



【おすすめ度】
メール術をとことん極めたいという方におすすめできます

【おすすめできる理由】
このメールノウハウの大きな特徴はメール術にのみすごく特化されている点です。
貪欲にテクニックを追っていきたい方におすすめできるノウハウになっているかな、と思います。

レビューの続きはこちら<<<





スポンサードリンク