女性の悩みに適応する

MENU

女性の悩みにどう対応するか

 

 

 

 

女性が抱える悩みについて

 

 

まず、親密な関係を目指す時に、
相手の悩みにどう関わっていくか、というのを説明していきたいと思います。

 

 

一般的な解釈としては
女性が人に悩みを打ち明けるというのは、
それなりに心を許しているサインとしてみることができます。

 

 

こういうことは、誰にでもわかると思うのですが、
その聞き方について少し考えてもらいたいのです。

 

 

例えば、こういうことを考えてみてください。

 

 

悩みはどういう風に聞けばいいのか?

 

どこまでその悩みに踏み込んでいいのか

 

こちらから解決策を出してもいいのか

 

共感するべき?否定するべき?

 

 

大まかにこういうことを考えてもらいたいのですが、
基本的には、女性が望んでいるものを掴むことによってどうすべきかわかります。

 

 

 

まず、普通に正解を求めている場合

 

 

 

これは、解決策を提示しても大丈夫です。

 

例えば、

 

「PCでこういうことをしたいけど、わからないの」
「今度友達と○○に旅行行くんだけど、何処に行くか迷ってるの」

 

 

といった相手がわからなくて自分がわかっている場合であれば、
普通に答えても大丈夫です。

 

 

正解がそれなりにあるものですから。

 

 

そして、その悩みが解決したであろうタイミングくらいに、

 

 

(例1)

 

 

自分「どう?PCの調子は!」

 

女性「あ、なんとかできたよー、でも難しいねー」

 

自分「そうやろそうやろ、めちゃ簡単やろ!

 

 

 

 

 

(例2)

 

 

自分「どう?○○は楽しんできた!?まぁ、俺抜きで楽しかったわけが、、、」

 

女性「普通に楽しかったよ!」

 

自分「ですよね!

 

 

といった感じに楽しくコミュニケーションに
つなげていくこともできます。

 

 

相手に同調しすぎない

 

 

そしてここでの注意点は相手に同調しすぎない、
相手に踏み込みすぎないということが挙げられます。

 

 

例えば

 

 

女性「できたけど、難しいねー」

 

 

といわれたときに、難しいねーという言葉に同調しすぎると、

 

 

「OK、それなら、もっと簡単な方法があって、これがこうこうで」

 

 

と、相手が求めていない解決策を提示してしまったりします。

 

 

 

こうなると、女性は「難しい」という言葉が言えなくなり、
「ありがとう」しか言えなくなります。

 

 

そしてこの場合のありがとうは、

 

 

「ありがとう(でももういいよ!)」

 

 

という感じになります。

 

 

 

判別できないときは聞いちゃってください

 

 

 

ただ、この場合でいう「難しい」という言葉は判別が難しい場合があるので、
わからなければ聞いちゃってもいいのです。

 

 

「え!?難しい?じゃあもっと簡単なやり方もあるけど、聞く?」

 

 

 

と聞いてしまえばいいわけです。

 

 

 

相手が求めているものを常に掴み取っておくという意識を
忘れないようにしていければいいかな、と思います。

 

 

 

管理人がおすすめしているメールノウハウランキング

メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法 【著者】浅井 真/横山 建


【おすすめ度】

管理人がメール術として一番オススメしているノウハウです。

【おすすめできるポイント】
相手の感情を理解することができる
相手の感情に合わせたアクションを学ぶことができる
メールのやり取りによって好感度を確実に積み上げていくことができる。
・だからこそ会話のアプローチもかけやすくなります。
・だからこそデートにも誘いやすくなります。

これが、このノウハウを一番おすすめしている理由です。

レビューの続きはこちら<<<


ジャンキーメール



【おすすめ度】
メール術をとことん極めたいという方におすすめできます

【おすすめできる理由】
このメールノウハウの大きな特徴はメール術にのみすごく特化されている点です。
貪欲にテクニックを追っていきたい方におすすめできるノウハウになっているかな、と思います。

レビューの続きはこちら<<<





スポンサードリンク