与える量について

MENU

与えるモノについて

 

 

与えるモノというのは具体的に言えば、
その人にとっての、価値であったりメリットであったりです。

 

 

私の場合ですと、

 

相手にとっての楽しさの提供を徹底しています。

 

 

どういう会話をすれば楽しいと思ってくれるのか

 

どういうメールを打てば楽しいと思ってくれるのか

 

 

「私とのコミュニケーションで、あなたには楽しさというメリットを与えますよ」
ということを常に考えています。

 

 

そして、楽しさというのは少し語弊があって
一見楽しそうな明るい話だけが楽しいわけではないはずです。

 

 

こちらから好意を示すことが
相手にとって楽しいとは限らないはずです。

 

 

聞き上手がいいからと、
話したくもない話を無理やり引き出しても意味がありません。

 

 

楽しませなくてはいけないと考えすぎて
一方的に盛り上げようとしても、相手にとってそれが楽しいとは限りません。

 

 

そして、楽しさというのは、与えるモノの中の1つにしかすぎません。

 

 

ある程度の楽しさを与えたら、寂しさを与えるのも有効な手です。

 

 

「もう少し話したいなー」
「もう少しメールしたいなー」

 

 

こう思っている段階で話を切り上げておくことで、
楽しさが生きてきます。

 

 

このように与えるモノというのは、無数にあります。

 

 

だからこそ相手にとって、
何をメリットだと思うのかを判断しなくてはいけないということです。

 

 

そして、それがわかれば、あとはガンガン与えていくだけです。

 

 

見返りを求めることなく。

 

 

 

管理人がおすすめしているメールノウハウランキング

メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法 【著者】浅井 真/横山 建


【おすすめ度】

管理人がメール術として一番オススメしているノウハウです。

【おすすめできるポイント】
相手の感情を理解することができる
相手の感情に合わせたアクションを学ぶことができる
メールのやり取りによって好感度を確実に積み上げていくことができる。
・だからこそ会話のアプローチもかけやすくなります。
・だからこそデートにも誘いやすくなります。

これが、このノウハウを一番おすすめしている理由です。

レビューの続きはこちら<<<


ジャンキーメール



【おすすめ度】
メール術をとことん極めたいという方におすすめできます

【おすすめできる理由】
このメールノウハウの大きな特徴はメール術にのみすごく特化されている点です。
貪欲にテクニックを追っていきたい方におすすめできるノウハウになっているかな、と思います。

レビューの続きはこちら<<<





スポンサードリンク