まだマメにできない女性にすべき送信頻度とは

MENU

まだマメにできない女性にすべき送信頻度とは

 

メールで一気に仲良くなる方法
まだマメにできない女性にすべき送信頻度とは

 

 

 

前回の記事で、仲良くなるための要素や秘訣について
簡単に説明しました。

 

 

 

今回は、そんなに仲良くない状態での
メールの送信頻度について考えて行きたいと思います。

 

 

 

そこまで仲良くない人に対しての送信頻度

 

 

 

2,3週間に1度、継続してメールする、のが最も効果があります。

 

 

もし、あんまり返信率が高くない、前回のメールが無視されていたとしても
そのことに触れずにメールを送ってあげることが肝心です。

 

 

メール返してなかったね、と謝られたとしても
「いいよいいよ、てかそんな前のこと忘れてるわw 
昨日何してたかもよく覚えてないのに」

 

 

くらいの軽い感じで返してあげるといいと思います。

 

 

重要なのは、 継続することです

 

 

継続することで親近感をもってもらえますし

 

 

確実に好意をあげていくことができます。

 

 

そして、その反応を見て
送信頻度を調節していくんですね。

 

 

反応がよくなってきたらちょっとずつ間隔を短くしていく。という風に

 

 

相手が何かの話題に食いついてきたら、しっかりメールをしてあげる。

 

 

話題に食いついてこないなら、一旦その話題を切り上げて、メールをしばらく休む。という風に

 

 

短くしすぎて反応が悪くなったらまたちょっと伸ばして様子を見ていけばいいんですよ

 

 

 

余裕を持つこと

 

 

 

要は、急がば回れ、ということです。

 

 

 

そんな悠長なことしてたら、他の男に取られちゃうじゃないか、
と思われるかもしれませんが、

 

 

 

恋愛において、焦りこそが一番厄介な敵となります。

 

 

 

焦れば焦るほどに、余裕のある男とは見られなくなります。

 

 

 

いつも切羽詰まってる男になってしまいます。

 

 

 

そもそも、他の男に取られることを気にしている人というのは、
自分に自信がないから、他の男に取られるのを嫌がるのです。

 

 

 

だからこそ、まるで女性を自分の物であるかのように、執着してしまったりします。

 

 

 

女性にとっては、こういう人と居て楽しいと思えるのか、付き合いたいと思えるかどうか、
というのを今一度考えてもらえればと思います。

 

 

 

 

ベストなメールの送信頻度とは
まだマメにできない女性にすべき送信頻度とは

 

 

関連記事はこちら
メールの適切な返信間隔

 

 

管理人がおすすめしているメールノウハウランキング

メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法 【著者】浅井 真/横山 建


【おすすめ度】

管理人がメール術として一番オススメしているノウハウです。

【おすすめできるポイント】
相手の感情を理解することができる
相手の感情に合わせたアクションを学ぶことができる
メールのやり取りによって好感度を確実に積み上げていくことができる。
・だからこそ会話のアプローチもかけやすくなります。
・だからこそデートにも誘いやすくなります。

これが、このノウハウを一番おすすめしている理由です。

レビューの続きはこちら<<<


ジャンキーメール



【おすすめ度】
メール術をとことん極めたいという方におすすめできます

【おすすめできる理由】
このメールノウハウの大きな特徴はメール術にのみすごく特化されている点です。
貪欲にテクニックを追っていきたい方におすすめできるノウハウになっているかな、と思います。

レビューの続きはこちら<<<





スポンサードリンク